本日のゲストはヒーリングカフェでも大人気。予約でいっぱいになる永珠ちゃん先生です。

ウ:はい、よろしくお願いしまーす。そうなんです、永珠ちゃん先生には今年の2月にも実は来ていただいていて。この運気とか気の流れが変わるっていうのが節分なので、その時でも良かったんですけど、2019年は元号が変わる、平成じゃなくなるっていうのもあって、ちょっと皆にも早めに準備していてもらったらいいんじゃないかなっていう事で、年の終わりに来ていただきました。どうぞよろしくお願いしまーす!

エ:よろしくお願いします。

ウ:では改めまして自己紹介、お願いします。

エ:永珠ちゃん先生という名前で気学の鑑定士と講座をやっています。私が気学を始めたのは、ちょっと腰の病気をした時に、色々運命について学んだ流れでいろんなものを学んだんですが、一番先生の教えが良かったということで、こちらのお勉強をすることにハマってしまったという事ですね。

ウ:なるほどそうなんですね。この気学っていうのは、ちょっと耳慣れない人もいらっしゃるのではないかと思うので、毎回来ていただいたらご説明いただくんですけど、簡単にどういったものなのか教えていただけますか?

エ:気学っていうのは何かわからない方も多いかもしれないので、簡単に言うと、はっけよいのこったって、お相撲さんのね、始める時に言うじゃないですか。

ウ:はい。

エ:その八卦って易経っていう、易なんですけど。易は人が入っていないというようなものを見るというようなもので、それと人の気を入れたもので9個。九星気学ってわかりやすく言うとそんな感じで。

ウ:ほぉ、なるほどー。

エ:人が入るとどうなるのかと。因果盛衰ってありますよね。

ウ:あります。

エ:そこに人のエネルギーとか気が入るとどうなるかっていうのをみるっていうので、9個の気が。

ウ:なるほどー、この気っていうのは気持ちの気と学は学ぶですよね?気ってエネルギーみたいなものって考えたらいいですか?

エ:そうですね。

ウ:なるほど、じゃあ九つあるんですよね。で、今日はそれをひとつひとつ、皆さん必ずあるので。何年に生まれた人は何々って感じでご案内してもらえると思いますので、ちょっとまずは2019年の一年間の総合的な人間関係の運気について、お話いただきたいと思います。ではよろしくお願いします。

エ:よろしくお願いします。まず、ひとつずつでいいですか?

ウ:いいです!

エ:まず、昭和2、11、20、29、38、47、56年、平成2、11、20、29年生まれの方。子供さんは小さいので、月齢で見るのでまた違うんですが、一白水星の方ですね。一白水星の方は孤独になりやすい星なので、孤独感をあまり感じないように、みんなと一緒に過ごすと良いということですね。おもてなしをすると良いという、皆さんに感謝を示すと良いという1年で、自分が今までやってこなかったこととか、やりたいんだけどどうしようかな、無理かなと思っていたこととかも、自分の限界を決めないで、やってみるということが大切です。

ウ:なるほど。

エ:やってなかった方はそうなんですけど、今までやってきた方っていうのはやりすぎになるっていう、そのほどほどの具合をちょっと。やらなさすぎとやりすぎていうのがちょっとテーマになるので、そこをちょっと気をつけてね、ほどほどやるのがいいよという事ですね。コミュニケーションを大切に、家族を大切にするといいですね。

ウ:なるほどじゃあ次、お願いします。

エ:ニ黒土星さんですね。昭和1、10、19、28、37、46、55年、平成1、10、19、28年の、先ほどもそうですけど、2月4日から2月3日まで生まれですね。その前は前の星になります。エ:二黒さんですね、ちょっと今までと違う方向に流れが出てきてる、もう出てきてる人もいると思うんですよ。

ウ:なるほど。

エ:秋ぐらいから変わってくると思うんですが、家族に関わるって言うことと、停止と変化っていうキーワードが出てます。

ウ:フフフ!すごいね。

エ:ちょっとね、自分と思ってる方向と違う方向に行かされるような流れが来たり、引っ越ししたり転職したり、お仕事の内容が変わるとか。あんまり変わりたくない方なので、嫌だなーと思われるかもしれないんですけれども、流れに乗られた方が運勢が良くなります。それと、できるだけ謙虚に。もしも何かに自信があったとしても、自分の持っているものをまだ使えていないとか、まだ役に立てていないなーぐらいに思っている、まぁへりくだることで人生がより良くなります。

ウ:ちょっと控えた方がいい時もあるってことですね?

エ:ちょっと目立っちゃうっていうのか、言いたくなっちゃうと言うか、家族間ではバーンとね。そういうのを控えるように気を付けるといいかもしれないですね。

ウ:なるほど。では次お願いします。

エ:三碧木星三ですね、昭和9、18、27、36、45、54、63年、平成9、18、27年生まれの方です。良い年ですね。去年はなかなか家族のことで動きづらかったと思うんです。

ウ:なるほど。

エ:2019年は不安は不要な年で、2度目の勝負などがいいです。

ウ:へぇー!

エ:前にやめて、もうできないかなと思っていたようなことを。資格挑戦とかね。すると、上から応援してもらいます。で、周りから目立ってしまうので、隠し事をしている方は見えてしまうので、全部処分すること。

ウ:うははは!なるほど。

エ:丸見えです。自分も見られてますが、目立ってますので、ご自分の立ち位置を注意することですね。

ウ:なるほどね、三碧?

エ:三碧ですね、私もそうですけど。

ウ:丸見えですね?

エ:そうなんですー。2つのことをやるのがいいですね。二度目の勝負と、家庭と仕事、仕事二つとか趣味二つとか。

ウ:両立みたいな感じ?

エ:二つやるとすごくいいので、あとは美を磨くという事ですね。

ウ:なるほど、女性の方にはいいかもしれないですね。なるほど、では次お願いします。

エ:次は四緑木星さんですね。昭和8、17、26、35、44、53、62年、平成8、17、26年生まれの方。ちょっと動きづらいです。2018年はかなりしんどい年だったと思うんですが、それよりはだいぶ良くなりますが、まだそんなにね。スタートの年と考えていただいたらいいと思います。学びに良い年で、2018年よりは過ごしやすいんですが、自分の持ちたい感じじゃない人間関係が来たりとか、なんかちょっとちぐはぐな部分はあります。

ウ:はい。

エ:でもそれは自分の勉強になると思って受け入れて、新しいことをやるためのステップと思っていただいて。三碧さんと逆であんまり目立つことは控えて裏方を頑張ることによって来年以降種まきがどんどん出来てくるっていうような流れになります。

ウ:ちょっと楽しみかもしれませんね。

エ:そうですね。

ウ:なるほどでは次お願いします。

エ:次は五黄土星さんですね。昭和7、16、25,34、43,52、61年、平成7、16、25年生まれの方ですね。この方は種まきの年になります。ですのでいろんな雑用が来るんですけども、それをできるだけ縁の下の力持ちと思って行っていただくのが良いと思います。ちょっと存在感が普通の方よりもあるので、特別な人なんですね、五黄土星さんって。ちょっと簡単には言えないですけど、周りを動かすような優しい言葉遣いを心がけて。きつく言っちゃうとね、みんなが従うような雰囲気にされてしまうのですよね。

ウ:威圧的って言葉がいいですか?(笑)

エ:そうですね、雰囲気も、隠しても隠しきれない方なんで、どれだけ周りに助けてもらえるかが鍵になります。だから自分が動くんじゃなくって、それぞれの人の周りの力を活かすことをどうやったらできるかってを考えいつもそうなんですけど2019年はそういう流れですね。

ウ:なるほどー。

エ:できるだけ独断は避けて、独断で動くと反対意見が必ず生まれるので。

ウ:協調性を持つっていうのがいいんかなぁ?

エ:うーん、協調性を持つっていうのが苦手かもしれないんで…

ウ:がんばれー!

エ:あのね、優しさはピカイチなんで。ハートは優しいんですよ、言葉に出ないんで。だから誤解を受けやすいんですけど、考えてることはすごく優しいんですけど、恥ずかしがりというか態度に出ないので。いろんな方に助けてもらって巻き込むっていうのが大事で、一人でやるのはあんまりよくないです。誰か尊敬している人についていけると、良いことがあると思いますね。

ウ:はいでは次お願いします。

エ:六白金星の方は昭和6、15、24、33、42、51、60年、平成6、15、24年生まれの方ですね。夜明けの一年です。もうちょっと大変だったと思うんです、この3年くらいが。病気だったり、なんか言っても聞いてもらえないというような、閉塞感続きだったんですが、やっと脱出します。

ウ:おめでとうございまーす!

エ:もう2018年の終わりぐらいからちょっと出てきてると思うんですが、これからは反省より前進なので、前の事を色々考えたり、ちょっとそれに怒ったりするんじゃなくって、先に進むことを考えましょう。全部表に出るので。さっき三碧さんにもありましたけど、良いことも悪いことも全部出てしまいます。

ウ:はい。

エ:ですので、スッキリさせる。2019年1月中までにスッキリさせて、幸運期なので、幸運期をさらに大きく。

ウ:あぁー。

エ:なるべく行動的に自分で動く。人に行かせず自分でやる。でも一人で決断せずに。ポイントはあんまりぐちゃぐちゃこうやった方がいいかもしれないからとか、画策ですね。画策をやると運勢がダウンしてしまいます。

ウ:あ~、思いつきがいいんですか?

エ:そうですね、無の境地でやるのが大事ですね。それと長男さんがいたり、若い男の人がいたらその人にアドバイスもらうとか、仲良くやるというのがポイントになります。

ウ:はい、わかりました。

エ:七赤金星さんですね。昭和5、14、23、32、41、50、59年、平成5、14、23年生まれの方ですね。もうね、ずっと2年続きでいい年なんですが。もう今していること、考えてることですね、素晴らしいので、続けていくこと。

ウ:はい!

エ:まぁ今年中になんとかしようとかあんまり思わない方がいいですけど、自信を持ってやる仮に反対されても、援軍があるのでうまくいきますね。やることに関しては楽しもうとしている人と行くことですね。一緒に楽しむっていう感じ。で、自分を引っ張ってくれるリーダーを探してください。一人で行くとちょっとね、合わないのでね。

ウ:なるほどー。

エ:楽しんでやるって誰が持ってきたの人生全般、現しているので。

ウ:はーい私がそうでーす!

エ:とっても楽しい方なんですよ。強引にやっちゃうと駄目。なんかやりたい時があるんですよ。ここで行ってしまえーという感じで。

ウ:ほぉー。

エ:優しい感じで、発展する方向に行けるとすごくなるほどじゃあちょっと行きたいと思っても周りを見るっていう感じがいいということで遠くまで行くほどいいので、遠方の友人に会うとか遠方に営業なんてすごくいいです。

ウ:なるほどぉ!

エ:整理整頓は吉です。

ウ:わかりました。

エ:荒い運転はやめてください。

ウ:はーい!では、次お願いします。

エ: 八白土星さん昭和11、22、31、40、49、58年、平成4、13、22年生まれの方ですね。ちょっとね、2018年は自由に動けたりしたんですけど、2019年はちょっと周りを見渡す年になります。止まる年と言うか、自分の気づいていないこと教えてくれるような人たちがいるので、周りを敵と見ずに、そういう感謝の気持ちで見るって言うのが大切になります。それと、できるだけ下からものを言うといいです。元々ちょっと上から目線というか。

ウ:性質がですか?

エ:そうですねそれはいいことなんですよちょっと説明ができないんですが、見方が大きいって思ったらいいですね。俯瞰して見てるというか。

ウ:全体を見れる人なんですね。

エ:直接話しすると上から目線に聞こえちゃうので、できるだけ優しい言い方を出来るように気をつけて頂いて、みんなの縁の下の力持ちをやられるといいですね。ちょっと停滞感がありますが、今年はみんなのためにっていう風に考えていただいて、自分はちょっと待つ感じ。

ウ:あーなるほどね。

エ:ブレーキをかけるという感じになりますが、ブレーキかけるとね、周りの何かが勝手に変わってきます。

ウ:へぇ~?

エ:無理に進もうとするとうまくいかないんですけど、止まってると周りが勝手に何か動かしていってくれるというか。そういう風に自分の思い通りに勝手になっているので、そういう風な生き方をして頂いたらいいかなと思います。

ウ:なるほどー。

エ:九紫火星さんですね。昭和3、12、21、30、39、48、57年、平成3、12、21、30年生まれの方です。ちょっとね、挫折したりした方もいらっしゃるかもしれないんですけど、まぁあれば立ち直る年という風に言われてます。かなり忙しくなるので、2018年中に無駄とかいらないものを処分していただくと。そうすると目上から応援がもらえるようになります。全部自分でやらなきゃいけなくて大変だったと思うんですけど、その応援がもらえるかどうかが2019年の鍵になります。

ウ:はい。

エ:ただ、ちょっとプライドが高いので、それと物を頼むのが苦手なんでね、どう言ったら頼めるかっていうのを考えるっていうのもポイントですね。

ウ:じゃあ人に頼れる人になればいいってことですか?

エ:そうですね。人に頭を下げて人に頼むっていう事と、その人が自分より力が上だと認めることなんですが、それができるようなお勉強されると、さらに運気が、すごく良い運勢になります。それと感謝の言葉をちょっと付け加えるとか、新しいチャレンジはできるだけ引っ込まないでやる方がいいです。年長の男性との関係を大切にして下さい。

ウ:なるほど、ありがとうございました。一つ一つ皆さんで自分のがあると、あぁ!っていう感じでいかれると思うんですけど、これ、ご家族の聞いても何か面白いですよね。時間ない人だったりとかね。

エ:そうですね。

ウ:そんなのも含めてですね、後半はこの気学っていうのを使うと、どんな風に生き方が変わってくるのかなっていうお話も聞かせていただこうと思いますので、よろしくお願いします。

ウ:前半はそれぞれの運気についてちょっとお話聞かせていただいたんですけれども、ここからはですね、ちょっと私も気になっていることなんですが、やっぱり時代が変わるっていうので、大きく物事って変わったりすることはあるんですか?やっぱり。

エ:そうですね。新しい元号に変わるということですけど、ちょうどまぁ2019年、八白土星が中心になるってことで、八白土星の象意というか、意味ですね。それは変化と停滞という意味なんですよ。

ウ:なんか、真っ逆さま?裏表って言ったらいいんかな?

エ:カーブと思って下さい。

ウ:あ、はいはい。

エ:カーブするときって、スピードが遅くなって、真ん中で止まりますよね。

ウ:はい。

エ:だから今までま九紫火星の音声というかあまり待ってたんですが、2018年はね、みんながやりたい放題、言いたい放題。自分は自分は、だったんですよ。

ウ:なるほどー!

エ:個性的な人がよかったっていう感じなんですけど、それをちゃんと筋を通す方向に修正かかってくる感じになります。

ウ:じゃあちょっとスピードを落としてないと危ないよーぐらいの年になるってことですか?

エ:はい。だから乗り放題の人は止まらされるのが激しいし、ちゃんと筋を通して上下関係とかを大切にするっていうの考え方も出てくるかもしれないですね。

ウ:なるほど、全体的にもそんな歳になるだろうっていうのがこの2019年ということなんですよね?

エ:そうですね。今までの乗り放題のものを整理して、整えてから次をやっていくということで、前半ちょっと止まってる感じ。でも動きたいから止まれない人もいるので、バタバタして、右往左往というか。で、後半は徐々に動いていけるかなと。

ウ:足止めを食らうっぽい感覚がするかもしれない人もいるってことですよね。

エ:そうなんですね。でもあんまり焦らずに、止まる方は止まっててオッケーなので。そうすると始まるので。自分は何か大きなものに守られているって信じて、静かにして、心を動揺させない事がポイントになります。

ウ:なるほどそうなんですねー。で、この気学っていうのは、一人一人の時にも言ってくださってましたけど、これを使っていくと、私なんかもそうなんですが、普段はこんなんだけれどもちょっと我慢した方がいいよっていうアドバイスもあるじゃないですか?でも人間性格としてずっと持ってるものをちょっと抑え込まないといけない時ってありますよね。そこでこの気学を上手く使っていくと、変わっていけるよっていうのはあるんですか?

エ:そうですね、2019年のテーマでもあるんですけど、変化ですよね。人はね、やっぱり変化するのがすごく嫌な生き物なんですよ。誰かの態度が変わると、なんで変えたのっていうような感じになるんですけども。

ウ:思いますねぇ。

エ:大きな変化が起きる時に、どういう時にその人が苛立って、嫌がるのかってね。九星でエネルギーが違うので、同じように変化を嫌がるっていうのではないんですよね。

ウ:あぁー、なるほど。

エ:で、そのイラっと来そうなときに、どう対応すれば精神的に落ち着くのかとかね。その変化に乗れたら、自分が成長できるんですけど、どの星の人とかことがキーになって自分が落ち着くとかね、そういうのを見つけることができたりするので。しょっちゅう変化ってあるじゃないですか?小さいことから。

ウ:あります。

エ:日常の些細なことに、悪い変化の見方をするんではなく、いい変化に気づけるようになる。

ウ:あぁ~、自分に起こることですよね?

エ:必ず一つの出来事には裏があるというのが、私の習った占いの、裏なりなんですが。なので、一個、あることを誰かがしたからと言って、それが全面的に悪い事だけだったとは限らないと。後ろにあることに気づきなさいというのが、一般的な気学の中の、この流派の考え方で。人の裏の気持ちとかね、そういうところに気づけるようになると、今まで当たり前と思ってたことに感謝できるようになったり、その人のことを変な人、と思ったんだけど、あぁこの人こんないいところあるなとか。

ウ:なんで変なんやろうってことを突き詰めるとわかったりするかもしれないですよね。

エ:そうなんですよ。だから自分の得意なことだけを見てこれが正しいと思うのが人間なんですけど、自分の不得手なことって自分と会わない人が得意だったりするから。持ちつ持たれつでやったら一番いいんですけど、一人でやるとどれもできないので、すごい遅れちゃう。

ウ:ついついこういう事を聞くとね、相性みたいな感じで見てしまう事があると思うんですけど、そうじゃなくて、こういう人だからこういう風に接すればいいわっていう、対処として見るといいですよね。この気学ってほんとに。

エ:そうなんですよ、いちいち感情が不安定にならないので。子供も完璧に影響されてやってるんですけど。おしゃべりが苦手なんですけど、今日は喋る日だねーとか言いながら、しょうがないねぇ喋る人だから、とか言ってますね。

ウ:なるほどねー。

エ:いやだーとか言ってたのに。聞きたくないと。

ウ:そっかあ、でもこの人は喋る人なんだっていうことが理解できると、理由があるから喋ってるんだってことですよね。

エ:愚痴ばっかり言う人っていますよね。それを聞くのが嫌だったんですけど、それは聞き流すしかないっていう事がわかったって言ってました。

ウ:なるほどねーそうかぁ。気学なんですけども、悪い運気の時にやったらいい事ってあるんですか?

エ:悪い運気の時ってあんまりないんですが、厄年の時ですね。来年は四緑さんが厄年になりますが。まぁ停止させられるような感じが悪い運気って、一般的取られてますよね、病気とか。

ウ:やりたいのにできひんかったり、滞るって感じですよね。

エ:はい。それは一白水星の意味になりますが、ちょっと考えなさいとか一人になって思考せよっていう時に、一白水星の意味の病気とか、経済的困難とか人間関係が壊れるっていうのが起こってくるので。

ウ:へぇー!

エ:それが起こるということは、次ね、水の象意が起こったようで、水は木を育てるじゃないですか。

ウ:はい。

エ:必ず次は発展が来るんですよ。

ウ:へぇ!そうなんですね!

エ:発展の前に落ち込みがないと発展しにくいんですよ、バネみたいな感じで、ぐ~っとしてボン!って。

ウ:あ、なるほどー!

エ:挟まないとあんまり広がらないんで飛ばないんですね。

ウ:確かに確かに!(笑)で、変化の大きさにも気づきにくいですよね。

エ:そうなんですよ。

ウ:一回ぎゅっと落ち込ませるんですね?

エ:でないとやっぱり伸びないですね。

ウ:なにくそ、と思えるためにその停滞とか冷静な期間があるって言うことですね。だから悪いと思わなくて、次行くための準備やっていう感じで考えておけば行けるってことですね?

エ:何か思い浮かぶんですよ、一人になる事で。ずーっと走ってると何も思い浮かばないんで、前やってたことしかやらないんですけど。繰り返しとか。で、方向性違ったりしても止められます。違うよって宇宙が。

ウ:そっかぁ、いいタイミングと思ったらいいんですね。

エ:そうですね。

ウ:じゃあこの気学、私は面白くて素敵だと思うんですけど、聞いてくださっている方の中にも興味持った方もいらっしゃると思うんですね。エミちゃん先生、講座もされてるじゃないですか。

エ:はい。

ウ:これは初級の講座ということで、気学って学べるものなんですよね。

エ:そうなんですよ。こういう考え方をすれば運が悪くなるとかいうのがはっきりわかるようになるので。

ウ:なるほどー。

エ:それを初級で5、6回で、いつも行ったらいい方位が、今日だったらラッキーとかいうのが学べたり。中級は、一個一個の意味を、さっきの一白は病気とか、起こる出来事に全部意味があるのがわかってくるというか。

ウ:なるほどそうなんですね。そんな教室に興味があるって方は、エミちゃん先生のブログを見ていただいたらわかるようになってるんですよね。番組ホームページでもご案内させていた抱こうと思いますので、詳しい内容は番組ホームページをご覧いただくということで。エミちゃん先生、まだまだ聞またいことあるんですけど、今日はこの辺でという事で。本当に今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い致します。ありがとうございました。

エ:ありがとうございました。

永詠ちゃん先生の情報

気学鑑定講座やイベント情報はブログをご覧ください。
ブログ: 気学を使ってハッピーな仲良し夫婦になる方法^^:https://ameblo.jp/noburin01/

大人の縁日 本町ヒーリングカフェ
 2019年2月24日開催 (本町駅)
お問合せ・ご予約はこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/ab2724ed410025